施工例紹介

オープンキッチンで視界良好。

子育てを一番に考えた住まい

 3歳の長女と1歳の長男、そして生まれてまもない0歳の次男。3人のお子さんたちがのびのび過ごせる広いリビングは、以前あった和室も取り込んで20帖近く。少し手狭だったキッチンもスペースを広げ、壁向きからリビング向きのオープンスタイルに変えました。
 三王建設興産のことは、キッチンを見に出かけたパナソニックのショウルームで紹介されました。実は同社はパナソニック リォーム クラブの一員で、Eさんのマンションと同じ西区に本社があります。
 奥さまが一番こだわったキッチンは、作業スペースが広く取れるように考慮されたL字型を希望。全体のイメージについては「ピピカした感じではなく、少しレトロ感のある空間にしたかった」といい、キッチンの面材は木の雰囲気で、コンロ側の壁は昔懐かしいイメージが漂う乳白色のタイルに。丸いガラスのペンダントライトや真鍮風の収納の取っ手など、細かな部分まで奥さまの好みが反映されています。

  • AFTER
    視界良好で、どこにいても子供たちの様子がわかるLDK。赤ちゃんが寝ている時には音の問題から掃除機がかけられないので、ホウキでお掃除しています。
    BEFORE
    まだまだ目が離せない3人の子供たち。リビングは自由に遊べるように広々と、キッチンは子供たちに目が届くオープンスタイル!が一番のテーマでした。
  • AFTER
    「リビングから見た時に統一感があるように」と正面の壁面収納はオフホワイト系にするなど、奥さまのセンスが光ります。
  • AFTER
    「広くて使いやすくてL字型にしてよかった」と奥さま。キッチンスペース自体も以前より少しリビング側に広げて、余裕のある空間になりました。

VOICE

納得づくでリフォームすることができました
「三王さんは対応がすごく丁寧で、メリット・デメリットの説明もきちんとしてくれたので、納得づくでリフォームすることができました」と
ご夫妻。一番に求めていた「子供たちに目が届く住まい」の完成に満足の表情を浮かべます。
幸せなご家庭に合う優しい空間ができました
ご夫妻ともに研究熱心で、ご主人は各部屋の電気配線計画や収納棚のプラン、間取りを考えてくださいました。キッチンにこだわり
を持たれていた奥さまは何度もパナソニックショウルームに足を運び、明確にご希望を伝えてくださいました。おかげさまでイメージがよく伝わり、ご希望に沿う提案を差し上げやすかったと記憶しております。おふたりとも物腰が柔らかく、とても幸せなご家庭なのだと感じさせていただきました。お住まい自体もそんなご家族に合った優しい空間になったと思います。
ページトップへ戻る